IPO投資家ノートンの徒然日記

IPO投資家ノートンの徒然日記

9割が敗北する敗者のゲームで凡庸なIPO投資家はこの先生きのこれるのか?

MENU

【IPO雑談】IPOブロガー3つの苦悩

(1,466文字)

f:id:notenkun:20210404203947j:image

こんにちは(^^)

もしブログで稼ぎたいなら

IPOブロガーはやめといた方が良い。

どうもノートンです。

はじめに

まず、当ブログは管理人の趣味ブログです。

収益ブログを作るつもりなら、そもそもIPOという

テーマをメインで扱う事自体がミスだと思います。

何故なら非常に労力が掛かり、そもそもブログの

収益を上げる基本スタイルから外れているからです

 

本日は「ブログの収益モデルって何?」という

テーマで銘柄分析から当落報告までちゃんとやって

いるIPOブロガーがどれだけ大変なのか説明します。

 

↓※今更ですがブログ方針の記事を書きました。

notenkun.hatenablog.com

 

ブログは最終的に「放置して稼ぐもの」

ブログを作る時は、なるべくニッチでオンリーワン

を目指す必要があります。そして最終的には

その情報を必要とした」が「ネット検索」して

アクセスしてくれるのが理想です。これがある程度

軌道に乗れば、「更新しなくても勝手に稼ぐ

サイトの出来上がりです。作るのは大変だが、最終

的に楽な副業になるのを目指すのが収益ブログです

 

※趣味ブログは全く違います。

 

「旬」のある情報は扱うべきではない

となれば、情報に「鮮度」があるものは扱うのに

適しません。再び同じ記事を訪れる「再訪性」が

極めて低いからです。たとえば投資でも、不動産

投資などは「再訪性」が期待できるでしょう。

法律の変更で陳腐化する事はありますが

全ての情報が無価値になる訳ではありません。

また時間軸もあまり関係ないです。

一方でIPOブログは…企業が上場したら記事の情報は

ほぼ無価値になります。「再訪性」は限りなく低い

です。

 

リアルタイムのスピードを求められるのは大変

鮮度が落ちやすく、すぐに無価値になるのみならず

IPOブログには情報の提供スピードが求められます。

上場を狙っている企業のリストを見て警戒しつつ

上場の情報が入ればすぐに記事を書かなくては

なりません。それは「スキマ時間に〜」なんて

呑気な事は言ってられません。1分1秒を争います。

 

期待値が低い証券会社の申込み、大量の落選報告

私はIPO投資家としては40点くらいですが

IPOブロガーとしてなら0点かもしれません。

まず嫌な事はやらないし、努力も最小限です。

「マイペース」を変えるつもりもありません

 

一般的なIPOブロガーは落選の文字を見て精神的

ダメージを負った後にそれをブログにまとめて

暗い気持ちで報告する。という作業があります。

これを年間90回繰り返します。

しかも検証のために、期待値が「一生に一度当たる

」くらいの配分しかない証券会社にも

面倒な入出金を繰り返して申込みを続けています。

 

IPOブログについてまとめると

情報にスピードが求められる。

②再訪性が低く、永遠に更新する必要がある。

③年間700回くらい落選確認をして、90回くらい

 落選報告の記事を書く。

 

私はIPO投資家として6年半以上見ている

IPOブログがいくつもありますが、本当に尊敬

してます。IPOブログ継続はIPO投資継続より

はるかに難しいと思います。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

↓よければ、アンケートの方ご協力お願いします。

notenkun.hatenablog.com

↓収益ブログを目指して諦めた経緯 

notenkun.hatenablog.com

 

※読者の皆様

スター・ブクマ・コメント等の応援頂きまして

いつもありがとうございます!

何らかのリプライは大変励みになります。(^-^*)

コメント欄は記事下にございますがはてな以外の方

はてなブログでコメントするのは少々手間なので

良ければTwitterの方にリプを下さい。